WordPressにて多言語化の依頼を受けたときに、すでにオープンしてから時間が経っているとマルチサイト化する際にサブディレクトリ型が選べない(サブドメイン型しか表示されない)問題があったので、メモしておきます。

ちなみに、今回プラグインで多言語対応してもよかったのですが、長く続くとわかっている・更新頻度があまりないサイトさんだったこともあり、カスタムタクソノミーを使ったタイプのプラグインだけで済ませるのではなく、マルチサイトを選びました。

プラグインだと更新が止まった時の対応が発生する、変更が大変な場合もある、更新時大きな変更で対応が必要であったり有料化することも考えられるからです。

参考になったサイト

↓マルチサイト化が詳しい

WordPressのマルチサイトの設定方法|1つのWPで複数のブログを管理しよう(〜ver.4.0)

 

↓多言語にするときのマルチサイト化が載っている

二か国語サイトの作り方|ワードプレスで多言語サイトを制作する

 

↓2ヶ月以上前に公開した記事があるとサブドメイン型しか選べないが、サブディレクトリ型にしたい場合の変更方法

WordPressマルチサイトをサブドメインからサブディレクトリに変更する

 

↓サブディレクトリ型だとメディアの表示ができなくなるので、.htaccsessを編集

サブディレクトリ型マルチサイトのWordPressでメディアライブラリに画像ファイルを新規追加できない時は/.htaccessにms-files.php指定を追加

 

マルチサイト化して使えなかったプラグイン

  • updraftplusのgoogleDrive(無料がマルチサイトに対応していないので、使い続けるには有料版25ドルにするしかない http://co-jin.net/wordpress/updraftplus)

    BackWPupだとマルチサイト対応していたので、googleDriveにではないですが、サーバのフォルダへアップすることで対応。googleDriveへは定期的に手動でコピーしています。

  • SiteGuard WP Plugin(ログインページのURLを変更してセキュリティを高めるプラグイン。)

    ⇒マルチサイト非対応なので代わりにLogin rebuilderで対応。 http://www.flavours.ac/blog/web-production-tips/wordpress/wordpress-avoid-login-attack.html)

  • それ以外のプラグインは、案外そのまま使えました。

コメントを残す