ここのところブログを書けていませんでしたが、前回(Photoshop攻略~シェイプを使いこなす~)に引き続きPhotoshopのテクニックを紹介します。

今回は、パターンを使います。パターンを上手く使えるようになると、素っ気無かった画面が急にかっこよくなるのでおすすめです。笑

パターンを適用する

関係ないですけど、「適用」を使わないといけないときに「適応」を使う人に敏感に反応してしまいます。。

とまぁそれはどうでもよくて、前回使った丸アイコンにパターンを使ってみます。

基本の丸 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
基本の丸

前回はここまで完成していました。

まず、楕円形1の青い丸をダブルクリックして、レイヤー効果画面を出します。パターンオーバーレイを選んで、「パターン」と書いてある部分(絵柄が出ている部分)で好きな模様を選びます。最初は全然表示されてないので、歯車マークの下半分から好きなパターンのテーマを選んで追加します。

パターン追加 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
パターン追加

最初は大理石風にしてみます。それっぽいパターンを選んで、描画モードを「スクリーン」、不透明度を「50%くらい(適当)」でOK。

パターン選択 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
パターン選択

そのままでもいいんですが、ちょっと青すぎるので、グラデーションオーバーレイでマットな感じに色味を変更します。

グラデーションの設定 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
グラデーションの設定

するとこんな感じの大理石風が完成!なんかかっこよくなったでしょ?笑

大理石風 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
大理石風

次は水中から見た水面ぽい表面にしてみます。

グラデーションオーバーレイで、今度は水っぽい色合いに変えます。描画モードは覆い焼きカラー。ここらへんの値を何にするかは、画面を見ながら調整します。

グラデーションオーバーレイ設定 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
グラデーションオーバーレイ設定

パターンオーバーレイで、波っぽいのを選んで、描画モードは「通常」、不透明度は「50%(適当)」にします。

パターンオーバーレイ設定 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
パターンオーバーレイ設定

そうすると、こんな感じで輝く水中から見たときの水面が完成!

波風 丸シェイプの描き方とパターンの使い方
波風

パターンはとても簡単なのに、驚くほど品質よく仕上がります。この便利な機能は使わないと損ですね。ちなみに、艶やかな表現から、布やキャンバスのようなマットなもの、石や植物の写真などのパターンもあります。ネットで探せば、ダウンロード素材もいろいろあるので試してみてもよいかもしれません。

次回はマスクをご紹介します。では。


“Photoshop攻略~パターン活用~” への1件のコメント

コメントを残す