私はPhotoshop CCを使っていますが、余白を簡単に、しかも手で加工するよりもとても綺麗にできる魔法の塗りつぶしがあるのをご存知ですか?

Photoshopはどんどん加工技術が上がっているようで、昔はあんなに苦労していた合成も、もはやボタンひとつでできるようになってしまいました。嬉しい限りです。

どんなものかというと、「選択した部分をまわりに馴染ませて塗りつぶしてくれる」という機能。

バナーなど作っていると「バナーに対して写真が小さくて余白ができて困る」現象が多々発生しますが、この塗りつぶし機能を使えば楽に余白を埋められます。ひとまず、やってみましょう。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」

具体例

まず用意するのはこの画像。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」画像
用意した画像

うっそうとしている木々の葉っぱなど、複雑なものは合成するのも大変なので、なるべく触りたくない代表格ですね。

例えば、↓のように上下に余白ができてしまった場合、今まで手で埋めるのはとてつもない手間と労力が掛かっていました。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」隙間を埋めたい
隙間を埋めたい

ですが、魔法の塗りつぶしを使えば簡単に処理できてしまいます!

選択して塗りつぶす

まず、埋めたい部分を選択します。これはきっちり選ばなくて(元の画像に被るように選んで)大丈夫です。そして、「塗りつぶし」を選択。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」塗りつぶす
選択して塗りつぶす

ここで、「使用」の設定を「コンテンツに応じる」にします。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」詳細
塗りつぶし「コンテンツに応じる」詳細

そしてOKを押すと・・・

なんと、選択した周りの部分から計算して、馴染むように塗りつぶしてくれました!!

塗りつぶし「コンテンツに応じる」結果
結果

画像上部に少し色の違う部分があるのがわかりますか?「ちょっと撮るときにブレちゃいました」的な仕上がりになりました。

これは、直線で選択しているので、どうしても境目がわかってしまいます。これは後で調整していきます。

↓下の余白部分も塗りつぶしてみました。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」下もやった結果
下もやった結果

やはり、上下の塗りつぶした部分は、若干違和感がありますね。

調整する

この機能は、選択した形の境界線が出やすいので、大きな範囲を選ぶ、または直線で選ぶとはっきり境目が見えてしまいます。

このようなときは、一度大きな範囲で塗りつぶしをした後に、小さく再度選び直して「コンテンツに応じる」の塗りつぶしを行うと綺麗になります。

例えば、↓の○の部分は、同じ石の模様が繰り返されていて変なので直してみます。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」変なところ
変なところ

周りと馴染むように、なげなわツールで適当に選びます。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」なげなわツールで選択
なげなわツールで選択

これまでと同様に、塗りつぶし>コンテンツに応じるで塗りつぶします。

すると、この通り。道が滑らかになって、違和感が無くなりました。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」塗りつぶす
塗りつぶす

上下の塗りつぶした部分が馴染むように、少しずつなげなわツールで選択>塗りつぶしを行い、修正して完成です。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」完成
完成

どうですか?違和感は無くなりましたか?

ぜひ魔法の塗りつぶし「コンテンツに応じる」、活用してくださいね。


コメントを残す