Illustratorでスキャンした画像を手動でパスにするのは大変手間ですが、ライブトレースすれば簡単にアウトライン化はできちゃいます。ですが、問題なのは「パス」にならないことです。

アウトライン一本化 スキャンした画像
取り込んだ画像

普通のライブトレースだと、画像トレースボタンを押して

アウトライン一本化 ライブトレース結果
ライブトレース結果

 

アウトライン一本化 取り込んだ画像アップ
取り込んだ画像アップ
アウトライン一本化 トレース結果アップ
トレース結果アップ

線を単調化させたあと、

アウトライン一本化 アウトライン化拡張ボタン
アウトライン化拡張ボタン

拡張ボタンでアウトライン化をします。

アウトライン一本化 結果
アウトライン化結果

ですが、これだと前述したとおり、パスが一本になっていないため、編集が大変です。手書きのうねうね感が残っているので、これが味だ!というかたはこれで全然問題ないと思いますが、この後編集したい場合は不都合ですよね。

今度は、トレースをする前に詳細設定をします。

アウトライン一本化 詳細設定
詳細設定

 

アウトライン一本化 詳細設定画面
詳細設定画面

画面上部のライブトレースの詳細設定ボタンから、カラーモードを「白黒」、塗りをなし、線にチェックを入れて、プレビューを見つつ、しきい値、パス、コーナー、ノイズ、線の太さを調整します。

アウトライン一本化 詳細設定後
詳細設定後

すると、こんな感じです。(余計な線はあとで消すので気にせず。)あとは拡張ボタンを押せば、一本のパスに変換できました。

アウトライン一本化 結果
アウトラインが一本に

 

アウトライン一本化 そのままのパス拡大
そのままのパス拡大
アウトライン一本化 詳細設定後のパス拡大
詳細設定後のパス拡大

拡大すると、一本になっているのがわかります。

ところどころ繋がっていなかったり、うねうねしていたり、いらない変なパスが残ってたりしますので、適当に修正・削除します。

アウトライン一本化 変なパス
ぽこぽこしてたり変なパス

っと実際は綺麗にしてから使ったほうがいいと思いますが、これくらいのクオリティくらいには簡単にできます。

アウトライン一本化 完成
完成

以上で完成です。


コメントを残す