2014年3月1日から、新しくお仕事を始めました。

といっても、今までのオフィス勤めとは違い、家で作業することになったわけですが、ふと家のことをしたりするので仕事のペースがつかめず慣れないですね・・・。一日の仕事の配分を考えないと、ずーーっと仕事してそうです。家が大好きなので、家に居られるのはとっても嬉しいんですが。笑

新しいお仕事、というのはイラスト制作のお仕事。まだ本格稼動はしてません。

イラスト制作の相場

まずは大体のイラスト制作の相場を探っていたわけですが、うーん困ったことに、価格はピンキリ

「イラスト制作」と検索すると、まず出てくるのはこの手のネット業界で大手のクラウドワークス・ランサーズ・ファーストデザインといったサービス。

気軽に個人・企業が制作依頼できて、受注も登録したら簡単に受けられる模様。まぁ便利さは伝わってきました。

が、色んなイラストレーターさんのブログなど見ていると、上記サイトではクライアントも制作者も価格崩壊している状態で契約しているとのこと。依頼を何個か覗いてみても、安い。

スタンプ40個制作するのに1万円なんて見積りもあるらしい。クオリティ良くするのは困難な金額ですね。そこまで求めてないのかな。というか生活できるのかしら。

そして、手数料がべらぼうに高い。

見てびっくりしましたが、クラウドワークス・ランサーズは手数料2割、ファーストデザインはなんと3割を制作者のほうから取るそうです。見積りを高くすると受注が取れないけれど、手数料を考えると下げられないジレンマがすでに見えますね・・・。

 

というわけで金額面ではあまり参考にならず・・・。ただ、まずはやっぱり経験を積まないといけないですし、良いクライアントさんもいるわけなので、これから使わせてもらう予定です。

その他、活動中のイラストレーターさん(個人、企業としてやっている人も)の価格設定を見ていたわけですが、本当に、バラバラ。その人の知名度で付加価値がグーンとついているのかもしれませんね。

 

著作権の譲渡

あと気になったのは、著作権について。

LINEスタンプもそうですが、著作権を譲渡する契約がよくあるみたいですね。譲渡すると、された側はその後の活用や変更も自由にできるので、なるべくなら譲渡しないほうがよいのですが、するとしたらその分の費用も考慮しなければならない、とのこと。契約の際は気をつけないといけないですね。

 

以上備忘録も兼ねて。


“イラスト制作の相場を探ってわかったこと” への1件のコメント

コメントを残す