こんにちは、スナガリノです。

7月に膵臓がんで母を亡くし、「悲しい」からは卒業しましたが、

今現在「むなしい」と格闘中です。

 

別段考える必要もない、というよりも考えてもわからないことに悩んでます。

 

人はなぜ生きてるのか?

 

考えるたびに「うーん、そんなこと言われてもねぇ」と自分でツッコミを入れてますが。笑

 

そんなときにたまたまテレビで見た「ありがとう日記をつける」という話。

なにかというと、「自分の人生には価値がある」「夢がある」というだけで寿命が7年以上も伸びるそうで(どうやって検証したんだろうか)

そういった肯定する考え方になる=生きてることに意味があると考えるようになると長く生きられるそう。

今は長く生きるのがいいことかは置いておいて。

 

人は子どもの頃から自信を持つように、自分を肯定するように教育しないと急にはそのような考え方にならないとのこと。

そこで、「ありがとう日記」の出番なわけですね。

一日の最後にひとつでいいので、感謝をすると、自分を肯定する考え方にだんだんとなっていくらしいです。

 

効果はさておき、毎日寝る前に身近な人たちに心の中で「ありがとう」と唱えている私にとって

「具体的に」ありがとうを考えるのは感謝の気持ちが強くなっていいなぁと思ったわけです。

 

というわけで、できるだけ毎日【一日一ありがとう】を言えるように生きたいなぁと思います。

 

晩ご飯前にお腹が空きすぎた私に優しくしてくれた夫にありがとう。
晩ご飯前にお腹が空きすぎた私に優しくしてくれた夫にありがとう。

コメントを残す