Surfaceを使い始めた

最近お仕事用にということでSurfaceを使い始めたのですが、これがびっくりするほど使いやすくて、直接ペンタブで画面に描ける端末としてはかなりいいんじゃないかなと個人的には思います。

まず大学生くらいから今までずっとBamboo FunというWACOMのペンタブを使っていたのですが、どうにも画面と手元とのずれが気になり、なかなか納得できるところまで描き込めませんでした。というのも、その前に愛用していたSONYのデスクトップのVAIO PCV-LX95Gという液晶ペンタブレットの描き心地が抜群によく、時間のあるときはひたすらパソコンをいじいじしていた学生時代の大半をそのVAIOで過ごしていたためかその感覚を忘れられず、ペンタブ生活を送っていたわけです

そこに現れたのがSurface。とても感度がよく、描き心地はなめらか。やっぱり直接描けるのは手の動きが直接線として現れるので、紙に描く感覚と近くてありがたい。

Surfaceの使いやすさに驚く私
Surfaceの使いやすさに驚く私

絵を描くのに邪魔なキーボードが外れるので、スケッチブックに絵を描いているような感覚で描けるのには感動。便利になったものだ。

が、使っていくうちに不具合というか目に付くところが出てくるのですよね・・・。

 

使ってみないとわからない不具合

いやはや、まずは「熱い」。

使っていると、すぐにウィーンと音を出し始め、猛烈に本体(画面のほう)が熱くなります。

Surface発熱に慌てふためく私
Surface発熱に慌てふためく私

さすがに熱すぎて持っていられないので、私は外したキーボードをモニタの下に敷いて手や太ももをガードしています。そのためにキーボードあるのかしら。笑

そして、2つ目の不具合は、すぐにお陀仏(フリーズ)することです。

Surface フリーズしやすい図
フリーズの図

タッチパッドでペンにも対応して、アプリケーションもタッチ用とマウス用とに切り替えられたり、と機能がたくさんあるからなのか、とにかくすぐにフリーズします。画像編集ばかりするにもかかわらずフリーズが頻繁に起こると、保存し忘れは大惨事です。これはどうにかしてほしいところですねぇ。

他にも、ペンタブを使っているときに、手をつくとペンではなく手に反応して変なところを押してしまう、とか、ペンタブが反応しないと思ったら筆圧が弱かっただけで、今度は何かの拍子に突然反応がよくなりすぎて、画面に接触していないのに線を描いてしまう、なんてこともあります。

使っていけば気まぐれSurfaceさんとも仲良くなれるのでしょうか。道のりは長いですね。


コメントを残す